変色する?ピンクゴールドの結婚指輪について - 東京でエンゲージ指輪を探すなら

HOME » 東京のエンゲージ指輪 » 変色する?ピンクゴールドの結婚指輪について

変色する?ピンクゴールドの結婚指輪について

ピンクゴールドは変色する?

ゴールドという素材は変色に強いといわれる一方で、ピンクゴールドの結婚指輪は変色するともよくいわれます。

どちらなのかはっきりしないと選びづらいですよね。

実はピンクゴールドは変色する恐れのある素材です。

変色しない素材がよければプラチナなど別の素材がおすすめとなります。

ちなみにゴールドは変色に強いというのも本当で、ゴールド自体は変色の心配がそれほどいりません。

これがピンクゴールドになると変色する恐れが出てくるのです。

ゴールドとピンクゴールドの違いとは

ゴールドとピンクゴールドは違う素材になります。

ゴールドとは金のことで、希少価値も価格もどちらも高い人気の素材です。

ピンクゴールドとは別の金属を混ぜて強度を高めた合金のゴールドの一つで、銅の配合比率を少し高めてほんのりとしたピンク色になっているのが特徴です。

純粋なゴールドは変色に強いのですが、合金にしたものは配合した素材の関係で変色する可能性が出てきます。

銅は変色の恐れのある素材ですから、これが多く含まれているピンクゴールドは変色に注意が必要な素材となるのです。

ピンクゴールドの指輪の変色を避けるには

なるべくピンクゴールドの指輪の変色を避けたいときは、こまめに指輪を外したり、お手入れしたりすることが大事です。

手の汗や化粧品、石鹸やシャンプーなどがつくことで変色することがありますから、なるべくこまめに外して変色の原因を付着させないこと、乾拭きなどのお手入れで拭きとると変色するリスクを減らせます。

ただ、空気中の酸素と触れることで変色する恐れもあるため、大事に使えば変色しないわけではありません。

元の色に戻すためにはジュエリーショップなどで磨き直しをしてもらうといいでしょう。

変色しない結婚指輪がよければ

人気の高い素材でいうとプラチナが変色に強い素材になっています。

同じゴールドでもイエローゴールドにするとやはり変色の恐れは小さくなりますね。

このほかに最近ではパラジウム、チタンなど定番以外の素材も選べる場合があります。

これらも変色に強い素材になるでしょう。

東京で探すとこれら素材の指輪もたくさん見つかりますから、変色しない指輪がいい方にはおすすめです。