結婚指輪に刻印を入れる時には? - 東京でエンゲージ指輪を探すなら

HOME » 東京のエンゲージ指輪 » 結婚指輪に刻印を入れる時には?

結婚指輪に刻印を入れる時には?

結婚指輪にオリジナリティを持たせたい

結婚指輪にオリジナリティを求めるなら、おすすめは「刻印」です。結婚指輪にメッセージを刻み込むことにより、本当の意味で「世界に1つだけの結婚指輪」となるでしょう。
結婚指輪に刻印を入れる人の割合は、かなりの数になります。とある国内ブランドの場合、刻印を希望する人の割合は8割以上。結婚指輪にかける思いは、相当なものです。

結婚指輪に入れたい刻印

では、どんなメッセージを指輪に入れたら良いのでしょうか。定番となっているのは、2人の大切な記念日です。入籍や結婚式の日付を指輪に刻印すれば、何があっても絶対に忘れることはないでしょう。また、2人のイニシャルも結婚指輪に入れる刻印として、定番中の定番です。
対応できる店は限られますが、オリジナルのイラストを刻印に使うことも可能です。刻印に使えるイラストは、シンプルなものに限られます。でもシンプルだからこそ、2人の個性が強くなるというものです。

結婚指輪に刻印を入れる時の注意点

素敵な結婚指輪にしてくれる刻印。でも活用方法を少しでも誤ると、大きなトラブルになります。まずは対応できる刻印の種類です。対応できる刻印の種類は、店によりけりです。先程取り上げた「オリジナルイラスト」の刻印の場合、対応していない店も少なくありません。
また、フォントの種類や文字数についても店によって大きく変わります。一生懸命考えた刻印であっても、文字数がオーバーすると全て台無しです。結婚指輪は、一生涯身につける大切なもの。後で後悔しないためにも、じっくりと考えていきましょう。

刻印の料金

そして忘れてはならないのが、刻印にかかる料金です。店によっては無料で手掛けてくれる所もありますが、多くの店では有料となっています。料金はピンキリですが、高いところになると1万円以上かかる場合も。またアームの細い結婚指輪だと、刻印そのものを断られる恐れが。
ただ刻印を利用する際に、店側から説明が入るかと存じます。店側の説明をしっかりと聞いた上で、刻印をどうするのか決めていきましょう。