結婚指輪をネックレスにして - 東京でエンゲージ指輪を探すなら

HOME » 東京のエンゲージ指輪 » 結婚指輪をネックレスにして

結婚指輪をネックレスにして

四六時中身につけたい結婚指輪だけど…

2人で愛情込めて作り上げた結婚指輪。できるなら四六時中身につけたいと、思うものです。しかし現実は、甘くありません。飲食店や衛生面が深く関わる仕事をしている場合、結婚指輪を外すことが推奨されています。
衛生が全く関わっていない仕事であっても、仕事内容によっては「指輪は相応しくない」とされている所も少なくありません。結婚指輪をずっと身につけたいと考えているのなら、取るべき方法は「転職」でしょう。でも転職をしなくても、指輪を身につける方法はあります。ズバリネックレスです。

結婚指輪をネックレスにするメリット

結婚指輪にチェーンを通してネックレスにすれば、何の問題もございません。手に直接触れてはいないので、衛生的にも安心です。また規則で「指輪がつけられない」という所でも、服の下に隠せば問題ないでしょう。
遠目からでも分かるような超ド派手なデザインのネックレスとなると、さすがに難しくはなります。でも結婚指輪にチェーンを通したタイプのものなら、万が一職場にバレても大事にはならないでしょう。

チェーンに要注意

ただ気を付けたいのが、チェーンそのものです。無難路線を突き進むのなら、選ぶチェーンは指輪と同じ素材のもの。例えば結婚指輪がプラチナで出来ているのなら、チェーンもプラチナに揃えます。全体的に統一感が出るので、スッキリした印象になるでしょう。
しかしチェーンを指輪に通すと、指輪本体に傷がつく恐れが出てきます。傷を避けるために、皮ひもを通す方も少なくありません。皮ひもであれば指輪に傷がつくことはなくなるものの、皮ひもそのものが切れてしまう恐れも。万が一街中で皮ひもが切れてしまったら、ただでは済まされないでしょう。

正々堂々とした対応で

ただ結婚指輪を指にはめたとしても、どのみちアームに傷はつきます。形あるものの運命であるので、どうしようもないのです。結婚指輪についた傷は、夫婦が歩んできた証。ネガティブなものではなく、素晴らしい歴史と考えます。
どうしても傷が気になるのなら、購入した店に持ち込みましょう。でも過度に心配する必要はなく、正々堂々と構えることも重要です。