2つ目の結婚指輪 - 東京でエンゲージ指輪を探すなら

HOME » 東京のエンゲージ指輪 » 2つ目の結婚指輪

2つ目の結婚指輪

結婚指輪はひとつじゃないの?

結婚指輪は一生モノ…そんな風に言われますが、実は2つ目の結婚指輪を買うところも意外と多いことをご存じでしょうか?

結婚するときに買ったのになぜ2つ目を買うの?

と疑問に感じている人もいるかもしれませんが、結婚指輪は長年身に着けていると当然経年劣化してきますし、節目で新しいものを買うことで改めて今後も良い関係を築いていく意味合いがあります。

たとえば結婚10周年を機に結婚指輪を買いかえたりするところもありますが、それまで身に着けていた結婚指輪も大切に取っておいたり、あるいは重ね付けする人もいます。

また、年齢によって指のサイズが変わってしまい、どうせサイズ調整をするなら新しいものを…ということで新たに2つ目を用意することもあります。

結婚指輪は愛の形を表現するもの

結婚指輪はあくまでもふたりの愛を形にするものであり、必ずしもひとつでなければいけないわけではありません。

2つ目を買うことで再度結婚したことを振り返る機会にもなりますし、それまでの時間を感謝し合う時間にしてもいいでしょう。

中には結婚式をしていなかった夫婦が節目で挙げることもあって、たとえばまだ若くお金がないときに結婚した夫婦が余裕も出てきたからという理由で結婚式をするのです。

そのときに2つ目の結婚指輪を指輪交換に使うこともあるでしょうし、新たな結婚指輪は前に買えなかった少し高価なものを選ぶのもいいかもしれません。

結婚指輪の選び方は同じ

結婚指輪は基本的にどんな年代の人でも合わせやすいデザインにしてありますから、年齢でデザインを考える必要もありません。

つまり基本的な選び方はひとつめの結婚指輪と同じで構いませんが、もし重ね付けするのであれば現在着けている結婚指輪とあまりにもかけ離れたデザインだとバランスが悪くなるので、購入するブランドショップやアクセサリーショップであらかじめ重ね付けしたい旨を相談してみましょう。