東京のエンゲージ指輪 についての記事一覧 - 東京でエンゲージ指輪を探すなら

HOME » 東京のエンゲージ指輪

東京のエンゲージ指輪

コンビネーションの結婚指輪

コンビネーション

コンビネーションとは、ゴールドとプラチナのように素材の違う2種類を組み合わせたものです。

例えば、結婚指輪にゴールドのみを使用すると、色合いは強すぎるまたは、プラチナのみにしても自分の個性が出せないなどのように1色だけでは、個人的に合うものではないと思ったりした場合に,ゴールドとプラチナのように2種類取入れることにより、色が中和され、また別のテイストを出すことが可能となります。

異素材同士がつくりだす個性豊かで、洗練されたイメージやゴージャスなイメージなどをつけている人に与えてくれでしょう。

実際にコンビネーションリングに用いられているものは、アーム部分を2色使いにしたり、台座やモチーフ部分のみの色を変えたりします。

また、アーム部分を上下に色を重ねたサンドイッチのようなデザインや、内側と外側の色を変えるリバーシブル、リバーシブルタイプにひねりを加えたものなどが再現可能となっています。

これらは、自分達がイメージしているようなデザインがある場合、購入する店舗の店員に相談すると、色々な組み合わせの案を出してくれたりします。

≫ 『コンビネーションの結婚指輪』

東京で探す格安結婚指輪

東京なら格安の結婚指輪も見つけやすい

最近は増税や物価高で生活が苦しいので、結婚指輪も安い物で我慢しようと考えている人もいるでしょう。

結婚指輪の価格は、使用する素材や宝石の種類や量によっても異なりますが、購入する店によっても異なります。

少しでも安い結婚指輪を購入するのであれば、東京都内がおすすめです。

東京都内は物価が高いので、結婚指輪も高いのではと思う人もいるでしょうが、もちろん高い店も存在しています。

しかし、東京都内は結婚指輪を取り扱っている店も多く、競争が激しい地域でもあるのです。

そのため、あまり高くしてしまうと他の店に顧客を取られてしまうので、安い値段で販売している店も多いと言えるでしょう。

≫ 『東京で探す格安結婚指輪』

結婚指輪購入口コミ「あまり派手だと、仕事の時につけられない」

1. 性別

女性

2. 購入時の年齢

20代

3. 現在、結婚何年目ですか?

3

4. 購入した結婚指輪の価格を教えてください(お二人それぞれの価格)

どちらとも2万2000円

5. お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

結婚した当初はお金があまりなかったため、安く購入できるところを探しました。

KISSというブランドのお店を見た結果、K12で安く購入できるものを見つけました。

ブランドにこだわりがなかったため、お店のかわいい雰囲気にひかれて指輪を選んでいました。

ディズニーのデザインがたくさんあったのですが、ディズニー感が前面に出てしまうと、子供っぽく見えてしまうと感じたので、よく見ないとわからないような隠れミッキーのシンプルなデザインにひかれて購入しました。

普段つけていてもどんな服装にも合うように、シンプルなデザインを選びました。

ペアリングなのですが、男女でデザインが異なっており、それもすてきだなと思いました。

≫ 『結婚指輪購入口コミ「あまり派手だと、仕事の時につけられない」』

結婚指輪のメンテナンス

プロの手による定期的なメンテナンス

結婚指輪も、他のアクセサリーと同じように長く使えば使うほど汚れていきます。

サイズ直しや磨きなおしなどは、購入した店舗へもっていく必要があります。

皮脂汚れやほこり汚れなどの簡単な汚れならば自宅でもメンテナンスできますが、1年に1回ぐらいはクリーニングのために店舗に持っていったほうがよいでしょう。

店舗には超音波でアクセサリーの汚れを落とす特殊な機械が設置してあります。

簡単な洗浄であれば、店舗で行ってくれます。

メンテナンスを考えた結婚指輪選び

≫ 『結婚指輪のメンテナンス』

結婚指輪購入口コミ「ピンクゴールドを混ぜる」

1. 性別

女性

2. 購入時の年齢

20代

3. 現在、結婚何年目ですか?

4

4. 購入した結婚指輪の価格を教えてください(お二人それぞれの価格)

夫:18万円、妻:16万円

5. お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

夫からプロポーズを受けた際に、バラのプリザーブドフラワーをもらいました。

その思い出を大切にしたくて、バラのモチーフの結婚指輪を扱っているブランドを探しました。

そのブランドでいろいろな商品を提案して頂きましたが、しっくりこない気持ちがありました。

相談しているうちに、夫からオーダーメイドにしようと提案してもらいました。

オーダーメイドで有名なブランドをいくつか巡り、バラのモチーフ、2人のイニシャルなどをデザインしてくれたブランドで結婚指輪をオーダーしました。

≫ 『結婚指輪購入口コミ「ピンクゴールドを混ぜる」』

変色する?ピンクゴールドの結婚指輪について

ピンクゴールドは変色する?

ゴールドという素材は変色に強いといわれる一方で、ピンクゴールドの結婚指輪は変色するともよくいわれます。

どちらなのかはっきりしないと選びづらいですよね。

実はピンクゴールドは変色する恐れのある素材です。

変色しない素材がよければプラチナなど別の素材がおすすめとなります。

ちなみにゴールドは変色に強いというのも本当で、ゴールド自体は変色の心配がそれほどいりません。

これがピンクゴールドになると変色する恐れが出てくるのです。

ゴールドとピンクゴールドの違いとは

≫ 『変色する?ピンクゴールドの結婚指輪について』

結婚指輪購入口コミ「シルバーとピンクゴールド」

1. 性別

女性

2. 購入時の年齢

30代

3. 現在、結婚何年目ですか?

今年の2月に籍を入れたばかりの、新婚で、まだ八ヶ月です。

4. 購入した結婚指輪の価格を教えてください(お二人それぞれの価格)

19万円

5. お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

ものすごく、悩んで何社か資料請求したり、見に行ったり、色々したのですが、結果的に「指にはめた時に、一番二人に合った、しっくりきたデザイン」だったからです。

予算も、お祝い金があったので、当初考えていた金額よりももう少し高めでしたが、これに決めました。

色々見ていた中でも、実物を見ると「あまり・・・」だったり、はめてみると「指が太くて似合わない」華奢な指輪ばかりでした。

選んだ指輪は、色もシルバーとピンクゴールド(多分)ぽい二色で、指輪の太さが、細すぎずゴツすぎず、とても満足しています。
≫ 『結婚指輪購入口コミ「シルバーとピンクゴールド」』

結婚指輪を買うベストタイミング

結婚指輪はいつから準備するのが定番

結婚指輪はいつから準備しはじめるものなのでしょうか。

多くの場合は、結婚が決まり、結婚式の日時が決まったあたりです。

ブライダルプランナーに結婚式を相談しはじめてから、結婚指輪をどうしようか考えはじめるのではないでしょうか。

では結婚式の準備をしはじめるのはいつ頃かというと、だいたい1年・半年・3ヶ月前です。

余裕を持って結婚指輪を選べたのは結婚式の準備を1年前からはじめるカップルです。

半年前でも、自分の希望を通した結婚指輪を買えたというカップルは多いです。

3ヶ月前になると、結婚式の準備に忙しく、結婚指輪を選ぶ余裕もなかったという人も多いです。

結婚指輪は先に決めていたほうがいい

≫ 『結婚指輪を買うベストタイミング』

結婚指輪購入口コミ「ハリー・ウィンストンに統一」

1.性別

男性

2.購入時の年齢

20代

3.現在、結婚何年目ですか?

1

4.購入した結婚指輪の価格を教えてください(お二人それぞれの価格)

夫20万円・妻60万円

5.お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

今持っている結婚指輪にきめたポイントとしては、婚約指輪も同一の店舗で買っており、デザインの一致を優先したことが挙げられます。

というのも私の妻はブランドで当初から選んでいたのでハリー・ウィンストンに統一し、店舗に訪れ一緒に選んで購入しました。

予算面は何も考えていなかったのですが、いくつか見せてもらい、妻の指輪を選んでから私の指輪を選ぶという順番で決めました。

ダイヤの石にも種類や産地があり、その同一のものを薦められました。

≫ 『結婚指輪購入口コミ「ハリー・ウィンストンに統一」』

メンズの結婚指輪

結婚指輪は男性も身につける

結婚指輪というと、女性が身につけるという印象が強くなっていますが、知っての通り男性も身につけるため、ペアで購入するか作成するのが一般的です。

ただし、男性も女性も全く同じデザインにすることはあまりありません。

女性の場合には、その人の好みや少し豪華で煌びやかな感じを出すことも多いでしょうが、男性の場合にはどうなのでしょうか。

もちろん好みによって変わるでしょうが、メンズの結婚指輪は比較的シンプルな物が多いと言えるでしょう。

以前に比べて最近では男性でもピアスやネックレスなど、本来であれば女性が身につけるべきアクセサリーを身につけている人も多くなっていますが、結婚指輪の場合には男性も女性も関係なく身につけていることが多いのです。

しかし、男性が派手な結婚指輪を身につけていると、周りの人によい印象を与えるのが難しくなります。
≫ 『メンズの結婚指輪』